fc2ブログ



おこんばんわっ(・ω・`*)

えっと昨日前回の続き(「サスタシャ浸食洞?」)日記上げる予定だったんですけどねw
お仕事終わってから
「よーし、ちょっと部屋片付けたしblog更新するぞーっ」
って意気込んでたのに、昨日から始まったシーズナルイベント「プリンセスデー2016」。

…あのですね

お仕事中ツイッターとかロドストで見てたんですよ。

まいでぃーさんの日記でも見てたんですよっ。
(一撃確殺SS日記「和装充実!プリンセスデー!」←リンク飛べます)

めっちゃかわいくてっっっ‼‼‼


JP20160225_me_04.jpg
JP20160225_me_05.png


いいですか皆さん‼
和装ですよっ!?特に水色とか私の髪色にあってていいなぁーって思いまして…思いました次第で…。

なので

「ちょっとだけ…ちょっとだけだから。パパッと終わらせてすぐ取り掛かるから…」

などと完全にフラグでしかない言葉をつぶやきつつFF14へログイン。
※ちなみに前日サスタシャ終了後結局不眠で職場へ行ったので眠気もMAXな私にデバッフー状態。

この続きは番組後半でっ(・ω・`*)










はい、前回の続きです。

まさかのめるさんとも遭遇を果たした私たちは「サスタシャ浸食洞」へ挑みました。





ffxiv_20160225_2205356.jpg



ffxiv_20160225_220612.jpg





緊張しながらもタンクのこばさんを先頭にサクサク進んで行きます。
まいでぃーさんの日記を思い出しながら
「IDではタンクより前に出ない…前に出ない…」
とドラクエごっこのように付け回しながら一人突っ走らないように気を付けて、
こばさんがマーカーできっちり先に倒すべき敵を表示してくれるのでひたすら指示通りにアタックをかけていく。それの繰り返し。

道中「薄汚れたメモ」というモノを手に入れる私。
中には「」を記す内容が書いてありました。(内容忘れてしまったんですけどねっ(◦´꒳`◦))
そして…




こばさん 「はーい、おつかれー(▼w▼)
さて、この紫のラインは何でしょう?」


…‼





ffxiv_20160225_222304.jpg





これは…まいでぃーさんの日記で幾度となく見た…‼

白凛 「ぼすですねっ」

まいでぃーさん 「すばらしい!」まいでぃーさんから褒められたーっ(◦´꒳`◦)♪←

こ 「そのとうりー
じつはわたし、それをマイディさんにおしえてもらったのだー(▼w▼)エッヘン」


ま 「立派に…」

白 「先生なのですかっ!?」

こ 「完熟したカボチャになりました(▼w▼)」

ま 「w」

えええええええええええええええええええええええええええええええええっっっ‼‼‼


本当に驚きですよっw
でも本当にこういう繋がりっていいなぁとじんわり感じていましたw

こ 「ハクリンさん あかあおみどりー覚えてます?」

ここで「薄汚れたメモ」の内容を思い出す。
目の前には赤色、青色、緑色のサンゴがっ

こ 「どれでもいいのでどれか一つえらんでください」

あんじぇちゃん 「違う色選んだら…芸人としてやっていけると思うよ…」

ま 「ふったー!」

あ 「おいwww まかせたよ!!!」

ほう…私はあんじぇちゃんと違って芸人じゃないけど非常に…非常にネタに困っているんですよねー(多過ぎてw
いやいやーでもまいでぃーさんの前だよ??御前だよ?
あの憧れのまいでぃーさんの前でそんなふざけたマネ…出来るわけ…





ffxiv_20160225_2226116.jpg




赤ポチいいいいいいいいいいい






ffxiv_20160225_222723sas2.jpg



ffxiv_20160225_222726sas2.jpg







ガルルルルルーッ‼

突然湧き出る2匹ほどの弱い敵…。

ざしゅーざしゅーすぱーん

ざしゅー グルルルルルゥゥゥ・・・




……。

しょぼっっっ‼‼Σ(・□・)ががんとす!

あまりにも拍子抜けなしょぼい展開にSSすら撮り忘れてましたよっっっ。・+:゚(`Д´*)


ぐぬぬぅ…このままじゃ終われない…なんかあるかも‼ってすごく期待してわくわくしてたのに…

次緑ぽちいいいいいいいいいいい




ffxiv_20160225_222845sas2.jpg







カチャッ…

(しーん…)

どこかで何かがうごいたようだ・・・・・。

…えぇぇぇぇぇぇ…がっかり。サスタシャがっかり。本当にもう、がっかり。

そうやら何かが移動したようなので、移動した先のスイッチを押すと――…。





ffxiv_20160225_222920sas2.jpg







チョッパーというなんかチーターみたいな敵と戦闘でしたw





ffxiv_20160225_222943sas2.jpg





そして今この記事の編集途中で私はある一つの不可思議な行為に気付きました…。

ffxiv_20160225_222943anje2.jpg


あんじぇちゃん…なにやってるんだろう…?(・ω・`*)
もう本当にあの子は期待を裏切らないなぁとすごく笑わかせていただきましたっw

道中基本的に大きい戦闘というものは特にありませんでした。
が、突然起こりだす敵どうしの仲間割れ





ffxiv_20160225_230134sas6.jpg





実に見苦しかったですねwww
こばさんにはおもしろいものを教えて頂けましたw



そしていよいよ――…。

ボス部屋前に到着ですっ





ffxiv_20160225_231213.jpg






まいでぃーさんの日記を読んでいてFF14のここが難しそうだなぁ…とずっと思っていたのが
ギミック」と呼ばれる「謎解き要素」のようなものです。

気付かないと先へ進めない。気付かないといつまで経っても敵が死なない。気付かないとあわや全滅…むしろ全滅…。
そんな恐ろしいものだと理解しております。

もちろん、サスタシャ内でもそのようなモノを発見する事は出来ました。
なんか小悪魔くんっぽいちっちゃいのが紫のラインで繋がれていて、中ボスのところに引っ張られていたり…。
なんとなくこうかなぁ?と考えつつやっていたのですが
ボス戦でもありましたよ。マンホール…?貯水槽…?のようなものが地面に4つ。

絶対これなんかあるやろ!?めっちゃ怪しいもん‼

なのに調べてみても特に何があるわけでもなく軽くパニックになる私www
あるはずなのに何も無いって、こわいですねwww

戦っていたらちゃんと疑っていた何かも起こってくれてホッとした私。
そのまま敵さんに攻撃を続けます。






ffxiv_20160225_231439sas2.jpg






そしてコバさんからLB(リミットブレイク)打ってみて下さいと指令が。
リミットブレイクとはパーティー内で頑張って貯める事が出来るゲージを消費して放つことが出来る必殺技のようなものでしょうかね(・ω・`*)

パーティー内限定「みんな…おらに力を分けてくれぇぇぇ…元○玉―――ッ‼
的な機能だと思っていますw
ちなみに、めるさんは緊張から発動に7分かかってしまい、その後の修行で「めるめるめてお」を会得されています。Σ(・□・)

果たして…私に打てるんだろうか…


緊張しながらLBアイコンを押して敵さんに照準を合わせる…もう一度LBボタンを押す…ならないっ!?

マウスで画面をクリックしても○ボタン押してもならなくてパニックになる私wwwなんで!?なんで!?

そして終わりを告げる音。

ててててーんってってーんってっててーん♪





ffxiv_20160225_231723.jpg




悔しすぎるっっっすごく腑に落ちませんでしたっ‼
事情を説明して判明したのが、私戦闘中常にR2ボタン押しっぱなしですぐに技を打てるようにしてるんです。
それが今回災いして、決定ボタンを選択できない状態だったようで、戦闘後にR2ボタンを押さないで○ボタンを押したら発動出来ましたw
本当にすみませんでしたっw

まぁ、なにわともあれ初サスタシャ‼初タシャクリア出来ましたーっ‼





ffxiv_20160225_232403.jpg





まいでぃーさんと一緒にIDを回らせて頂けるなんて本当に夢みたいでしたっ
しかも、まいでぃーさんの教え子であるこばさんや、私と同じくまいでぃーさんが大好きなあんじぇちゃん。
こんな素敵なメンバーで行けたことは今後のFF14人生でもすごく誇りを持ちたい出来事でした。

特にあんじぇちゃんには、一緒に行けたらいいなぁ。行きたいなぁ。と思ってログインしてTellしてたんです。
でもなんてお誘いすればいいのか分からない。誘い文句が見つかりませんでした。
どれを考えても妥当な理由にならなくて、それだとあんじぇちゃんに気を使わせてしまう。それだけは嫌でした。
結果、「まいでぃーさんとサスタシャ行ける事になったよ」って自慢状態みたいになってたんです…。
なので、あと一人足りないという呼び出すのに真っ当な、正当な理由が出来て本当に安心しました。

好きなのが一緒であれば出来るだけその喜びとか嬉しさとか共有したいなと思っているので本当に嬉しかったですねっ(◦´꒳`◦)
あんじぇちゃん、来てくれて本当に嬉しかったよ^^ ありがとうっ







ffxiv_20160225_232509.jpg





さて、IDから戻ると駆けつけて下さるめるさんの姿。

め 「おかえりなさーい!!クリアおめでとです!!」

白 「ありがとうございますっ(n*´ω`*n)ただいまですw」

め 「お あんじぇさんとハクリンさん、双子みたいな感じだったんですね!w」

あ 「双子ですよw」

め 「やっぱり!w」

そうなんですよwさっきめるさんにお会いした時は頭からすっぽりローブ着てて不審者でしたからねw
そしてあんじぇちゃんと双子扱いされるのは本当に嬉しくて(◦´꒳`◦)






ffxiv_20160225_232841.jpg





そして、あんじぇちゃんは一つ、めるさんにお願いをしていました。
あるお友達の方がめるさんの大ファンでその子にジャージを作ってあげて欲しいと。





ffxiv_20160225_233347.jpg






ジャージ…。
そういえば私は初めてまいでぃーさんにお会いした時に作って頂けたけれど、
あんじぇちゃんはお友達経由で作ってもらっていたのを着ているって日記で書いてたなぁ…。
まいでぃーさん本人から直接渡して貰えたらすごく喜ぶだろうし、私も嬉しい。

「これはまいでぃーさんから目の前で直接作って頂いた大切なジャージなんです」

そう二人で共通の思い出とか残せるの本当に嬉しいだろうなぁ。
そう思ってまいでぃーさんに
(まいでぃーさんもよかったらあんじぇちゃんに作っていただけませんか??)
とお願いしたら二つ返事で
(わかったーw)
と聞き入れてくださるまいでぃーさん。





ffxiv_20160225_233433.jpg





Maidy Maidyはコットンハーフローブを完成させた。

ま 「あんじぇさんもどうぞー」


あ 「え!? いいんですか!? ありがとうございます!!!」

白 「お揃いで着ようねっ‼^^」

あ 「うん!^^着よう着よう!」





ffxiv_20160225_233538.jpg





この驚くのが見たくてTellでまいでぃーさんにお願いしてたんだけど本当にすごく喜んでました。
この場を借りて改めてお礼をさせて下さい。まいでぃーさん本当にありがとうございますっ‼
日記でも大はしゃぎされてて見ていてこっちが嬉しくなりましたw
あんじぇちゃん、本当に良かったねっ‼自分のことのように嬉しかったよw

そしてめるさんも無事お友達さん用のジャージを完成させることに成功。
めるめる裁縫可愛かったですっっっ





ffxiv_20160225_233522.jpg





早速あんじぇちゃんはジャージに着替えてるwww
いいなぁーっw私はサスタシャでレベル20に上がったからまだかかってしまう…w
でも、21になって着れたら会いに行こうって約束をしてるから、頑張ってあげますっ(◦´꒳`◦)





ffxiv_20160225_234525.jpg





その後しないさんや、優等生なララっ子すてらちゃんと通りかかり一緒にSSw

本当に楽しかったああああああああああああああああ(・ω・`*)
※まいでぃーさんは帰られましたがその後めるさん含めたメンバーで最終的に離脱者も出しつつ2時まで座談会w
とてもカオスだったですw一個いつかネタに使いたいのがありますねーw
ただ、めるさん本当に遅くまでお付き合いくださってありがとうございましたっ><
皆さんも遅くまでお疲れ様でしたっ



ffxiv_20160225_235155.jpg



ffxiv_20160225_235617.jpg










――はいっw


結構尺を使ってますがもう少しお付き合い下さいw

さて、冒頭の続きですねw

早速インしてウルダハの街へ。

あまりの人の多さに絶句――…。





ffxiv_20160227_000254.jpg





すてらちゃんと、べるちゃんと、れもんちゃんのララっ子軍団でPTを組み、ひたすらイベント周りでしたw

今回、ギャルゲー要素のようなものが強いようで、3人のアイドルを育てようみたいな流れでしたねw
餅を受け取って、それを「ウルダハの市民」に配って投票書?証書を手に入れるというもので
証書を、投票所の人に渡すと、推しメンちゃんとのイベントムービーが再生されます。

また交換所の方に話しかけると、証書と今回のイベントアイテムと交換出来ます。





ffxiv_20160227_000108.jpg





私は22回ほどこの日は回って赤いララフェルの子「ウララちゃん」に20票全力投票っっっ


ララちゃん天使やぁ…(◦´꒳`◦)
よちよちしたい…(◦´꒳`◦)






ffxiv_20160226_235935.jpg



ffxiv_20160227_000001.jpg





その後無事に水干もイベント報酬としてGetしましてw





ffxiv_20160227_000616.jpg






下に降りると2日連続めるさんっっっ

いつも周っているお友達の方とイベントはやるそうでCF待ち時間のようでしたw頑張ってくださいねっ^^





ffxiv_20160227_001334.jpg




途中あんじぇちゃんや、こばさん、イケメン眼鏡オスッテのかぐらさんなどさすがイベント…
沢山の人にお会い出来ましたw(名前の色が足りなくなるw)

SSを撮っているとこの水干は下着が見えてしまうので、どうにかしたいとSayで話していてしまい
周囲の方々に「おパンツがー」とか恥ずかしいことを言ってしまってたのが本当に死んでしまいたいくらいですが
解決策として、かぐらさんがわざわざパンタレットを作って下さいました><
本当にわざわざすみませんっっっ、そしてありがとうございますっ(´;ω;`)お返しは必ず‼





その後あんじぇちゃん達の住むFCハウスに初めてお邪魔して、わいわいw
あんじぇちゃんは「女子力オーラ召喚の儀式」をやっていました。





ffxiv_20160227_004739.jpg





その後わいわいしてたんですが、あんじぇちゃんがちこちゃんという茶髪に三つ編みララっ子のフレンドさんにめるさんお手製ジャージをプレゼントして着るの着ないので攻防戦があってましたw
どうやらちこちゃんは相当に恥ずかしいらしく顔も真っ赤にとっても乙女ちゃんだなぁーとホクホクしましたw

私がレベル21になったら
「私・あんじぇちゃん・ちこちゃんで、まいでぃーさんめるさんのところに会いに行こう」
と胸に決めていたのであとそろそろーかなぁ楽しみだなぁーとか思っていたんです。

そしたらべるちゃんというまた別の銀髪でクール。
FCじょびネッツアの皆大好きエオルゼアの盾こと「室町きりんちゃん」をライバルとしているララっ子のフレンドさんに
手招きされ着いていくがまま西ラノシアへ。ががんとす!Σ(・□・)
案内されたのはサスタシャ前の初心者の館。

おぉっ‼そういえばまだやってなかったwもしかしてここで経験値貯めなよってことかなって思い早速取り組むことに

「待ってる間、べるちゃんはどうするの?」

という質問に

「ちょっと探し人をその間探しているから気にしなくていいよー」

っていう言葉になんの疑念を抱くことなく黙々と館を受ける私。


水干で。




ffxiv_20160227_011012.jpg



ffxiv_20160227_013112.jpg





遊びじゃないんだからwww
と一人でなんか可笑しくなりながらも一つの場所に居ながらポンポン貯まる経験値がとっても美味しかったですw

なんとかあと無事にレベルも21になり、走っていると館にみんながw

(わあーみんなわざわざ待っててくれたのかなぁー…ありがとうーっ‼)

みんなが拍手で迎えてくれて、早速ジャージ姿をお披露目(◦´꒳`◦)
ようやく着れたああああああああああっ♪
本当に嬉しかったんです。ただその直後

「今からマイディーさんのとこ会いに行こう!」

はい…???

「今から???」

そしてみんな入っていく。初心者の館へ…。

すっごく、すっごくイヤな予感がする…いや、イヤじゃないけどイヤな予感が…

チラッとカメラ視点を変えるとチラッと見えるめるさんの姿

ちょおおおおおおおおおおおおいるっっっっ‼なんでっ‼いや無理っ死ぬっwwwww震えがやばいんですけどっwwwwww過呼吸なるwwwwww

今までは前もって、まいでぃーさんに会うんだって心の中で構えてたのでなんとか対処出来てましたw
突然まいでぃーさんからTellを頂いた時も震えながらもあくまでお互いの姿が見えているわけじゃなかったので大丈夫でした。
ですが今回のはなんの気持ちの準備もせずに唐突に…

本気で本気で過呼吸なりかけましたwww

心臓に悪過ぎる…w





ffxiv_20160227_015055.jpg



ffxiv_20160227_015154.jpg



ffxiv_20160227_015244.jpg





今日もまいでぃーさんは素敵だぁ…(◦´꒳`◦)


挨拶を済ませてしばらくおしゃべりさせて頂いて、ようやくまいでぃーさんから頂いたこのジャージに袖を通すことが出来た記念にSSをお願いすることに。

場所を移動させて頂きエールポート内の民家?の中へw

みんなで並んでわいわいしてていいなぁーと思いましたw
れもんちゃんというオッドアイのララっ子ちゃんは前日サスタシャ前でめるさん達と夜中までお話ししている時に話しかけた
他鯖からの放浪者さん。絶賛、槍鯖で一緒に生活しようよーwと口説き落とし中な子なのですが
れもんちゃんは、コットンハーフローブが着れるレベルに届いていません><
そこでめるさんが

「僕はレモンさんとお揃いにしましょうか!w」

とても優しい紳士なめるめるめておを放ってくださりw

撮りまーすってやっていたんですが…




ffxiv_20160227_015605.jpg



ffxiv_20160227_015603.jpg



ffxiv_20160227_015559.jpg





このめるさんの「カメラが回っている途中にカメラを操作して写ってしまったお父さん」感がすごく可愛くてwww

めるさんが準備してくださったクロックワークさんに視線を集めて…

行きまーす、3・2・1・はいっ♪





ffxiv_20160227_020119.jpg





本当にありがとうございましたっ‼
あまりにも緊張してしまったけど、着れる事になってすぐ会えるとは…本当にびっくりしましたw
この一週間の事は絶対に、絶対に忘れません。
まいでぃーさんの日記を初めて読んで、まいでぃーさんに憧れを抱き始めて今。
こうして、一緒の空気を吸えて、隣に立ってお話し出来て。
本当に幸せです。
何度も言いますが夢のようでした。
目の前にまいでぃーさんを感じられる日が来るなんて思ってもみなかったので
あの読んでいた頃の自分に良かったねって言いたいですw

まだまだ、私の物語はまだまだこれからです。
沢山の人と出会っていろんな経験をして、笑って、怒って、泣いて、楽しんで
そんな毎日が待っているのかなと楽しみに思います。
それに、私にも一つ目標も出来ました。
その目標が達成出来た日には、またお会い出来れば良いなぁと思っています。
楽しみに待っていて下さいねっ^^


そして今回、お付き合い頂いたフレンドの皆さん
とっても楽しかったですっ。
ご迷惑もお掛けしたことと思いますが、どうぞこれからも末永くよろしくお願いしますっ(◦´꒳`◦)

エオルゼア楽しいですっっっ‼‼‼(・ω・`*)

※ちなみにSS撮影会が終わってあんじぇちゃんも帰った後、あまりの緊張と体の震えの止まらなさから平常心を取り戻す為に勢いでタムタラ墓所へ行ってしまったのは内緒ですwww

今回の日記は2日分という長い時間お付き合い頂いてありがとうございましたっ





ffxiv_20160228_042203.jpg



ffxiv_20160228_061430.jpg





Twitter : aotsuki_hakurin
フォローお気軽に^^♪

↓↓ff14blogランキング参加してます♪ポチポチしーてねっ!↓↓

スポンサーサイト



2016_02_28


01  « 2016_02 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -

プロフィール

白凛-hakurin-

Author:白凛-hakurin-
初めまして♪
2016年2月19日より槍鯖ことGungnirサーバーにて冒険を始めました白凛と申します。
オンラインゲーム初めてで分からない事しか無い状態ですが精一杯この世界を楽しんでいきたいなと思っています。
たくさんの方とお話が出来れば嬉しいです。
皆様、不慣れではございますがよろしくお願いします‼︎

Twitter : aotsuki_hakurin
鍵付きですがフォローお気軽に♪

検索フォーム

ブロとも申請フォーム




page
top